--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月14日 (水) | Edit |


こんにちは。


このブログの訪問者のなかには

アフィリエイト初心者 これから挑戦

という方が結構多いようです。


そこで

アフィリエイトで利益を出す方法について

骨組みの部分を数回に分けて記事にしていきます。



今回は

アフィリエイトの戦略面についてのお話です。





過去に手に入れた

日給8万円の作者である

岡崎さんの文章があるので

下に転記します。







ココから転記



私がネットでしている仕事というのは
今のところ、大きく分けて3つあります。


1.検索広告運用代行
2.教材販売
3.アフィリエイト


ひとつづつ、お伝えしたいと思います。




1.検索広告運用代行


検索広告というのは
検索したときに出てくる広告です。


以下の図の中で
赤く囲まれた部分。


グーグルで熱帯魚と検索したときの広告
http://okazaky.sakura.ne.jp/jing/2010-04-04_0812.png


で、1クリックあたり、順位によってオークションのように
課金されます。
そして、1クリックあたり幾らまでなら払うかを
あらかじめ設定できます。


上記の例の場合
熱帯魚で検索したときにしか広告が出てこないように設定できるため
基本的には熱帯魚に興味がない人しか、広告そのものを見たり
クリックしたりしません。



雑誌やテレビ、新聞などの一般の広告と違って
「興味のある人しか対象にしない」広告のため



現存する広告の中で最も費用対効果が高いと言われています。
その費用対効果が高い最たる理由として


「どのキーワードで幾ら広告費がかかっていて
 その広告費に対して商品が何件売れたかを計測できる」


というのがあげられます。


例えば

熱帯魚 で、100クリックあたりに1件売れて
熱帯魚 通販で、50クリックあたりに1件売れるとした場合。


1クリックあたりの単価が20円だとして
商品利益が2000円の場合


熱帯魚 だと利益なし
熱帯魚 通販 だと1件売れる度に1000円の利益となります。


このように、広告を細分化して
費用対効果をかなり正確に計測できるのは
いまのところ、検索広告が一番です。




これは個人でも法人でも誰でも出せます。



しかし、利益が上がり続けるように
広告を管理して検証し、調整するには
ある程度の熟練を必要とします。



※滝井さん=滝井秀典「1億稼ぐ検索キーワード」参考




で、私のところでは
通販ショップと契約するときに

(売り上げ - 原価 - 広告費) × 報酬率


を、報酬として頂いています。


つまり、広告費が売り上げをうわまったり
経費的にうわまわったりすると、報酬を頂けません。


相手に儲けてもらわない限り、報酬を受け取らない
儲けて頂いた分だけ報酬を頂く


こういう広告代理店は、あまりないと思います。
売れた分だけ報酬を頂くということを、私なりに誇りをもってやっています。


これは私がもともとアフィリエイトをメインにしていたことと
関係しています。



アフィリエイトについては、後述します。




広告の設定だけではなく、
ホームページの作成やキーワード需要からみた
商品企画の提案、パソコンの初歩的な使い方実技指導なども
行っています。
(通販サイトの運営者でパソコン苦手な人は圧倒的に多い)




2.教材販売

インターネット上で
どのキーワードが何件検索されているかは
実は、誰でも無料で調べることができます。


キーワードツール
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal


というサイトで調べると
何が何件検索されているかが分かります。


熱帯魚で調べた時
http://okazaky.sakura.ne.jp/jing/2010-04-04_0848.png


この検索数が需要になります。


そして、
広告を1位入札表示させると
月間検索数の1割がクリックされ、
1%が成約するという法則があります。


この需要と、競合広告を調べて
需要があり、なおかつ競合が少ないジャンルにおいて
そのジャンルの第一人者に依頼をして
教材を制作し、販売するということをしています。


以下の教材は「アダルトチルドレン」というキーワードの教材です。

 販売ページ
 http://www.adultchildren.jp/


私自身、実はアダルトチルドレンなのですが
この教材の著者である西尾和美さんの本やセミナーを受けて
私自身、トラウマが回復して、人と接するようになったという経験があります。
(かつては、今よりはるかに人嫌いで、人と接しない人間でした)



当時、ネットで調べたりしていて
アダルトチルドレンに関する情報が少ないのと
セミナーやワークショップ、カウンセリングの専門家が
圧倒的にすくなかった(というより日本にいなかった)のがあり



かつ必要とされていて、自分自身の体験を通して
効果があったので、こうした教材を創ったり
また、セミナーなどを開催しています。




教材制作は、以前、出版社で働いていたので
その技術を使って、自宅で可能です。


これらの集客も
先の検索広告を使って行います。



3.アフィリエイト


私がインターネットで仕事をはじめて、
最初にやったのがこのアフィリエイトというものでした。



マイミクの何人かの方には、この話を直接したことがあります。



アフィリエイトとは
ホームページを作って、そこに広告をのせて
その広告がクリックされたり、
商品が売れたりすると、報酬が支払われるものです。


例えば
私が作った小笠原父島の観光案内サイトも
実はアフィリエイトをしています。



小笠原父島母島の観光旅行ツアーメモ
http://ogasawara.kuchi-komi.biz/



このページの中にあるこの部分
http://okazaky.sakura.ne.jp/jing/2010-04-04_0905.png



これがアフィリエイトの広告です。
(厳密にはアフィリエイトではなく、アドセンスと呼ばれるものなのですが)


だいたい、1クリックあたり20円から30円の報酬が入ります。



そして、このサイトは
グーグルで「父島」と検索すると6位ぐらいに表示されます。


これは広告ではなく、検索結果なので
お金はかかりません。


したがって、
父島と検索する人が居続ける限り
このページが閲覧され、そのうち、一定率の人(だいたい1%から3%ぐらい)が
広告をクリックしてくれて、報酬が支払われ続ける。
収入が得られるということになります。



このように広告ではなく、検索結果で上位に表示させることを
SEOと言います。



SEOはまた、先の検索広告とは別の技術です。
私はこれについても5年ぐらい独学やセミナーで勉強してきています。



いくつかのポイントをおさえると、検索で上位に表示されやすくなります。
また競合が強いか弱いか調べることも大事です。



ライバル被リンクチェックツール
http://h-affiliate.jp/tools/rival/rival.php


というサイトを使えば
特定のキーワードですでにあるサイトがどれだけ強いかが分かります。




そして、上位表示されると、継続的に見てくれる人が増えて
そのページからあがる収益が継続するということになります。



この点が不動産的であり
最初に形を作れば、あとはほっておいても収益があがるので
こうしたサイトや仕組みを次々に作っていくことが可能です。



それが無意味なものであれば有害ですが
先の情報サイトのような、有益なものであれば
三方よしです。



アフィリエイトはその集客形態によって、数々ありますが
ポイントは先のアドセンスのようなキャッシュポイントをおいて
そこにアクセスを集めるというふたつのことしかありません。




おそらく、先の検索広告とあわせても、教材やセミナー等にかけたお金だけでも
通常の大学にいくのと同じくらいの費用はかけています。
(正規大学でこういうことを、即戦力レベルで教えている大学は
 今の日本にはありません)



したがって、成果をあげられる技術をもつ人が少ないから
自宅でも旅先でもできる仕事として、成り立ちます。



しかし、実はこういう形でなくても
自宅でできるパソコンの仕事としては


・翻訳
・ライター
・WEBデザイナー
・プログラマー
・建築デザイナー(CAD)


などがあり、
それほど、珍しいものでもなくなってきています。



ご理解頂けましたでしょうか。



いろいろ書きましたが、要するに
インターネット・パソコンの仕事=怪しい仕事とは
限らないと思っていただけたら幸いです。




転記はここまで






いかがでしたか?

少しはアフィリエイトをすすめる上で

参考になる事が合ったと思います。


私が岡崎さんの商品をメインでお勧めするのは

岡崎さんの人間性に魅力を感じている部分があるからです。


アフィリエイトをここまでビジネスとして取り扱っている方は

あまりいないのではないでしょうか?



次回は第2段をおつたえしていきます。






ランキングに参加しています。
ためになった と思ったら応援よろしく。
人気ブログランキングへ


読んでくれた人に良いことが起きますように
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。